~2018年度 ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 研究助成~

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究プログラム募集のご案内


ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社は、昨今の国内の法令・業界規制の変化を踏まえ、グローバル企業として遵守すべき規制・満たすべき基準を考慮した手順に基づき第三者が実施する様々な研究プログラム支援して参りました。

2018年度は『ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 研究助成』として、3疾患領域(腫瘍免疫、免疫、循環器)における基礎・臨床研究の振興を目的とし、弊社製品や弊社製品の同種同効薬を使用しない研究プログラムを対象として、疾患領域ごとに、外部の専門性を有する審査員による公募型の研究助成という枠組みにより、引き続き支援させて頂き、医療の質の向上と社会に貢献することを目的としています。

なお、血液疾患領域への支援につきましては、下記のとおり引き続き支援させて頂きます。

また、本年度は、現在のスキームでの支援をさせて頂いておりますが、来年度以降は、新たなスキームで支援させて頂くことを検討しており、決定次第、こちらのWEBサイトにてご案内申し上げます。

(2018年度の肝臓疾患領域の支援につきましては、2018年度非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)研究助成として、既に募集は終了しております。)

血液疾患領域における研究助成についてのご案内

弊社ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)は、一般社団法人 日本血液学会が行う研究助成プログラムの主旨に賛同致し、同学会へ資金提供させていただくことにより、医療の質の向上や社会への貢献をいたします。
また、血液学会が行う研究助成プログラムの募集方法や募集内容、審査方法や審査基準、助成の決定などすべてのプロセスへの弊社の関与は一切ございません。
日本血液学会が行う研究助成プログラムへのお問い合わせは、以下のお問い合わせ先までお願い致します。

【お問い合わせ先】
一般社団法人 日本血液学会
〒604-0847 京都市中京区烏丸通二条下ル秋野々町518番地  前田エスエヌビル8階
TEL:075-231-5711 FAX:075-231-5722
Eメール:事務局 info@jshem.or.jp

 

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成応募方法


腫瘍免疫・免疫・循環器領域 研究助成応募方法(PDF)

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の対象と研究テーマ


弊社製品や弊社製品の同種同効薬を使用しない、以下の3疾患領域に関連する研究プログラムと致します。(対象疾患領域や研究テーマに関するご質問は、下記にお問い合わせください。)また、助成金支払予定の2018年11月1日以降の研究プログラムを対象と致します。

対象疾患領域:以下の3疾患領域に関連する診断および治療における基礎または臨床に関わる研究プログラムであり、医学的かつ科学的に新規性、独創性、将来性、社会貢献度の高いもの。だだし、適正使用の観点から、医薬品を使用する研究は、日本国内で製造販売承認を得ている医薬品を用いることとし、承認外の使用方法を禁止させて頂きます。

  • 腫瘍免疫
  • 免疫
  • 循環器

腫瘍免疫領域

助成の対象となる研究テーマ:腫瘍免疫に関する臨床および非臨床研究

(例)

  • 固形癌に対する腫瘍免疫療法の開発研究
  • 固形癌治療標的となる新規免疫チェックポイントに関する研究
  • 固形癌における遺伝子変異や免疫細胞または腫瘍マーカーに関する研究
  • 腫瘍免疫応答や制御機構メカニズムの解析に関する研究

免疫領域

助成の対象となる研究テーマ:
自己免疫疾患の診断および治療に関する臨床および非臨床研究

(例)

  • 関節リウマチの診断及び治療に関する臨床または非臨床研究
  • 関節リウマチの発生機序と関連遺伝子の解析に関する研究
  • 自己免疫疾患の病態に関する研究と新しい治療法の開発に関する研究
  • T細胞や抗体の機能の解析に関する研究、シェーグレン症候群などの合併症の発症機序や病態に関する研究

循環器領域

助成の対象となる研究テーマ:
心不全・不整脈・脳卒中・血栓症の診断および治療に関する臨床および非臨床研究

(例)

  • 不整脈に起因する脳卒中の診断、治療や予防、再発または関連性解析に関する臨床または非臨床研究
  • 血栓症の発症機構と制御方法に関する基礎的、臨床的研究
  • 静脈血栓症の早期診断法やメカニズムに関連する研究
  • 脳卒中既往患者を対象とした二次予防効果の検証や発症リスクに関する研究
  • 心房細動患者における非薬物療法に関する研究

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の応募資格


日本国内の国公立大学、私立大学、病院、研究機関(いずれも助成金受け入れ体制が整っている施設に限る)に在籍し、わが国に在住している研究者

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の金額と件数


疾患領域 助成プログラム数(最大) 1プログラムあたりの助成金額(最大)
腫瘍免疫 20プログラム 200万円
免疫 20プログラム 200万円
循環器 20プログラム 200万円

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の申請受付期間


2018年3月1日(水)午前9時から2018年5月31日(水)午後11時59分まで(期日までに入力された申請がシステム上で完了され、受付メールがシステムから配信後、申請者がそのメールを受領した時点で受付完了となります。)

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の審査方法


申請いただいた研究プログラムは、申請内容や関連する文献等をもとに、ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)から独立した各疾患領域に関する専門性を有する外部の第三者審査委員による審査により、下記3項目の審査基準に基づき評価され、その結果に基づき助成対象プログラムが決定されます。

  1. 研究の科学的、医学的価値
  2. 医療資源の有効活用などに関する、研究の社会的な貢献度
  3. 研究者(および共同研究者)の過去の研究実績ならびに研究計画の妥当性、実行可能性

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の結果報告


審査結果は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株) CSRホームページhttps://www.bms.com/jp/csr.htmlにて、助成の対象となった研究プログラムの、実施施設名、研究代表者の所属と氏名、研究プログラム名を公表致します。またすべての申請者に対して文書にて申請者本人(共同研究の場合は、主たる申請者のみ)にメールと郵送で通知致します。(2018年10月初旬予定)

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の契約


助成プログラムに決定した施設は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)と本研究助成に関する確認書を交わすことにより両社の契約と致します。

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の助成金の支払い


助成金は、契約締結後に、申請者が申請時に所属していた施設名義の金融機関口座にお支払致します。(2018年10月~2018年12月予定)(個人口座には入金できません。)

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成の研究結果報告および会計報告


助成対象の研究プログラムが終了した場合は、下記の内容をプログラム終了後半年以内にブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)に対して報告をお願い致します。

研究結果報告内容

  1. 研究概要
  2. 背景と目的
  3. 成果と結語

会計報告

使途別に使用した金額およびその内訳を列挙、ただし領収書やその写しの提出は不要です。報告書の最後に該当研究の発表論文及び学会発表抄録がある場合は添付してください。(報告書提出後に論文・学会発表が行われた際には、後日ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)へ提出してください。)

 

弊社製品を使用する研究への支援


支援の方法:契約に基づく研究資金・化合物の提供
お申込み受付:通年で受け付けます。下記URLよりお申込みください。
米国本社ウェブサイト(英語)URL: http://www.bms.com/pages/default.aspx

 

腫瘍免疫・免疫・循環器疾患領域 研究助成に関するお問い合わせ先


ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
メディカル・開発部門 R&Dエクセレンス部
ビジネス・オペレーション 研究助成 担当

E-mail: grants.japan@bms.com
フリーダイアル:0120-494-357(または、03-6705-7472)(平日10:00-17:00)

ご質問はメールアドレスまたはフリーダイアルまで宜しくお願い致します。
また、土日、祝日受付のお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のご返信となります旨、予めご了承いただけます様お願い致します。